転職サイトに登録するだけでは×。転職エージェントと仲良くなるのが成功への王道ルート

40代の転職の現実

40代以上の方が正社員として転職に成功するには直球勝負ではなく、変化球を入れた隙間をつつくような攻め方をしないといけません。なぜなら公表はしていませんが、多くの企業は年齢フィルターという壁を作って、中高年者に向けて雇用のバリアをはっているからです。

これを突破する一番の方法は、第三者に間に入ってもらって、あなたを強く推薦してもらうことです。ちなみにここでいう第三者とはハローワークの職員さんではありませんよ。

第三者といってもそう簡単には…と思うでしょうが、他者からの推薦なしでの再就職は、正直かなり難しいのが現実です。

40歳以上で、さらに正社員として再就職しようと思うのであれば、初めは面接に行く時間と労力をあえて減らしてでも、先に人脈作りに力を注いだほうが賢い動き方です。

これから実際に筆者が転職活動中に培った人脈、人脈を築く前と後の変化についてお話します。40歳以上の方が転職に成功するためには、あせる気持ちもよく分かりますが、ここはグッとこらえて「急がば回れ」ですよ。

40歳以上の転職では人脈が最大の武器になる

転職と言えば、普通は求人を出している企業に応募して書類選考を通過して面接に行くのが基本の動き方ですが、40歳以上の中高年者ともなると、基本に沿って動いても、そううまくはいきません。企業には年齢フィルターの壁が悲しいくらいに存在するため、たとえ実務能力はじゅうぶんに備わっていても、ほとんどが書類選考の時点で振るいにかけられて落ちるだけという悲しい現実が待っています。

ただ、筆者が今回の転職活動を通して感じたのが、この年齢フィルターも第三者に間に入ってもらうことで、すんなりとクリアできることが多かったという点です。

筆者の場合、その第三者となるのはおもに転職エージェントさんだったのですが、おもしろいことに、以前自分で応募した時は速攻で不採用になった企業でも、転職エージェント経由だと、すごく筆者の経歴や人柄に興味を持たれて、「ぜひ面接にきてほしい」と言われて行った案件も多かったのです。

内心では「はっ?!なにそれ」と思うこと多々ですが、たぶん人事の方って、普通に応募してきたもので、それが40歳以上の場合、年齢以外ちゃんと見ていないんじゃないかなって思うんです。または、「年齢が高い場合は即アウト」と会社から指示されているとか。

こんなこというと炎上しそうですが、今回はわたしが応募した企業ということで、全国すべてのということではありませんのでご勘弁ください。

しかし、あれだけ門前払いをくらっていたのに、第三者に間に入ってもらうだけで、あまりにも企業の反応が違ったので、これは同じように転職に苦戦している方に是非とも伝えなきゃと思ったわけです。

転職エージェントさんは、大抵紹介してくる企業とはすでに面識があるわけで、人事の方とも「知った仲」であることがほとんどです。そんな人が求職者の実務能力や人間性などの話をすると、人事の方もちゃんと聞くし信用するんですね。

中高年の転職って、ほとんどがその道ですでにキャリアを積んできているわけですし、こちらも最初から課長や部長クラスと同じ給料をくれと言うわけでもなく、どちらかというと最初はキャリアに見合わない安い給料でバリバリと仕事をこなすわけですから、普通に考えると企業にとってもデメリットよりメリットのほうが大きいはずなんですよね。

なのによく耳にするのが、「年をとっていると偉そうにしそう」とか、「周りに馴染めそうにない」とか、「これまでの経験があだとなって、柔軟に新しい仕事を吸収できない」とか、もう笑うしかないような散々な言われようですが、普通に社会人としての常識がある人であれば、まずそんなことはないですし、そんなに人間性の悪い人ってそうはいないと思うんですよね。

ほんと求職者側から言わせてもらうと、大変迷惑な思い込みとも思えますが、この思い込みを払拭するには、採用する企業からも面識があって信頼されている人、つまり第三者から話をしてもらうのが一番なんです。

ちなみに、筆者も転職活動の初期の頃はひとりで求人に応募しては面接に行くといった直球勝負でした。しかしこれがなかなか面接にまでいくことすら難しく、たとえ面接に行けたとしても、まず採用されることはありませんでした。

これはもう個人で動いても無理だと思って転職サイトに複数登録したのですが、経歴だけは充実していたこともあってか、すぐにエージェントさんから連絡をもらい会うことになったんです。

はりきって複数のサイトに登録したため、しばらくはエージェントさんとの面談ばかりで、企業に面接にいく時間がなかったのですが、今思えばこの時の遠回りとも思える行動が、その後の運命を大きく分けるきっかけだったんだと思います。

登録した7社の転職サイトの内、2社のエージェントさんはとても親身になってくれて、筆者の経歴を見て、まだまだ可能性を感じてくれたのか、仕事がある時にだけ事務的に電話してくるのではなく、たまに向こうから近くまで来たのでと言って呼ばれて、茶店で就職活動の近況について話したりしていました。そうこうしているうちに、仕事のことだけではなく、これまで勤めていた会社の愚痴や家庭のこと、趣味のことなど、向こうも同じような家族構成だったので、色々な話をしているうちにすごく打ち解けたんですね。

これが後々強力なサポートを得るきっかけになるとは、この時は夢にも思っていませんでしたが…。

本当によく話しをする機会を設けてもらったので、筆者の実務能力だけではなく、書類では分からない仕事に対する熱意や人柄など、エージェントさんに十二分に伝わっていたんじゃないかなと思うんです。

実際、仕事を斡旋してもらう際は、実務能力以外にも、人柄や仕事に対する責任感なども人事の方に話していただいていたようです。

人事の方も、信頼しているエージェントさんがそんなに押すんなら、年齢は高いけど一度会ってみようかなとなるわけです。

40歳以上の人が転職する際、うまくいかない理由はここにあるんだと思うのです。企業の言い分としては、「仕事ができるのは重々分かるんだけど、新しい環境になじめるの?人柄はどうなのよ?」というのが不安要素なのでしょう。この壁さえ突破できれば、キャリアも積んで経験も豊富な人材は、普通に考えて企業からは魅力的な人材なはずなんです。

それでも落ちることもありますよ。その時は落ち込むのは後にして、自身の面接時の応対などを見つめ直したりして次につなげる行動が大事です。ただ、普通の常識がある人であれば、ここまできて落ちるというのはそうそうないはずです。だって面接の前から人事の方はすでに話しを聞いて期待しているわけですから、それを裏切らないようにすれば良いわけですから。

ちなみに筆者はこの流れで45歳という年齢にもかかわらず、正社員として再就職することができました。それもIT系東証一部上場の大企業にです。これまでは田舎で、お世辞にも中企業ともいえない、またいつ会社が倒産するかも分からない小さな企業で長年勤めてきましたが、この展開ははっきりいって夢にも思っていませんでした。

学歴も高卒だし、実務経験以外なにも武器となるものがない筆者では、自分だけの力では絶対に為せなかったでしょう。企業に信用されている人からの口添えがあったからこそ成功できたのです。

せっかく良いものを持っていても、それがきちんと企業に伝わらないと再就職は絶対にうまくいきません。書類ではなかなか伝わらない部分だけど一番大事なところが、高齢というだけで日常的にスルーされてしまうのです。

これが40歳以上の就職活動で一番難しいところです。

ただしこれさえ突破できれば、今までは中高年というだけでスルーされていたものが、逆に新卒者にはない経験や実績をいっぱい持っているだけ、企業側も興味津々でスムーズに進む可能性が高まります。

筆者はたまたま良いエージェントさんと巡り合えただけかもしれません。ただし、それもひたすら転職サイトに登録したり、精力的にエージェントさんと会ったりという行動の繰り返しが、この結果につながったんだと思うのです。

なかには会うだけ無駄と思うような、ロボットのようなエージェントさんもいましたよ。でも、人間味あふれるあたたかいエージェントさんもたしかにいるわけで、それはもうひたすら会って話すしかないです。

ちょっと遠回りかもしれませんが、現在転職活動がうまくいっていない方は、筆者のように人脈作りに力をいれてみてはいかがですか。それでも結果ダメかもしれません。時間がかかるかもしれません。でも自分自身がなによりも積極的に動かないことには、希望もなにも見えてきませんよ。

40歳以上の方におすすめの転職サイト

目次へ戻る