あなたのスキルと経験は、40歳以上でも需要がある業界(職種)ですか?

40代の転職の現実

40歳以上の人が転職をする際、武器となるのがこれまでに培ったスキルと豊富な経験なのですが、たとえ自分の能力に大きな自信があったとしても、だから転職できると安易に考えるのは、かなり危険なので慎重に進めることが大切です。まずは転職活動を始める前に、そもそも自分がこれまでの経験で培ってきた能力が、年齢に関係なく再就職がしやすい業界なのかどうか、正しい情報を集めることが、40歳以上からの転職でも成功するための第一歩であり、今後の活動方針を決定づけるうえで、すごく重要なことなんです。

以下はわたしが転職活動を実際にやってみて、本当に失敗したぁ~と思ったことの一つなのですが、その業界の転職需要のリサーチ不足に関してお話します。

40歳以上の人材を雇うには企業側にも体力が必要

わたくしは広告、Web業界で20年クリエイターとして仕事をしてきました。最後の5年間は制作者としてだけでなく、ディレクターや営業的なこともやってました。この業界ではまさにオールラウンドプレイヤーです。イラストも描いてましたし。

前職では面接官もやってました。わたしは年齢よりも能力重視でしたので、キャリアが浅い若手よりも、年齢はいってても経験豊富な人材を積極的に採用していました。この業界ってほんと残業が多いので、新人さんにパソコンの操作から手取り足取り教えることができないんです。また業界独特の暗黙のルールみたいなのもあって、そういう内情を承知している方のほうが好ましかったんです。知り合いのいくつかのデザイン会社も同じ考えだったので、クリエイティブ職は全国どこでもそうだと思い込んでいました。

しかし、それは大きな間違いだったぁ~~?!

自分でいうのもなんですが、ここは言わせていただきます(笑)。

正直20年も実務経験があれば、同業種を狙えばすんなり転職できると思ってしまうじゃないですか。自身も経験重視で中高年を積極的に採用していましたし。

転職を決めた時は、会社を辞めてさらなる高みへと思って意気込んでいましたが、実際に動き出すと本当にびっくりするぐらい、ことごとく書類選考で落ちまくって、面接にすらいけない状態が続いたんです。

えっ!なんでっ! 嘘でしょ?

って、最初はわけが分からなかったんですけど、次第に顔が青くなりました(冷)。

求められるスキル的な条件は、どこの企業の求人情報を見てもじゅうぶんすぎるくらいに満たしているし、経歴書や応募の文面も、キャリアがあるがゆえに傲慢な印象にならないようすごく神経を使ってましたし、なのに何故って感じで変な汗は出るわで、もー方針状態ですよ。

正社員はもう無理だと思って、それなら非正規ならどうだぁ~と、かなりの数の企業にあたったんですが、返ってくるメールはお決まりのあの文句!!

「~様のより一層のご活躍をお祈り申し上げます。」

そんなにあっちこっちで祈らないで~~~(泣)

最終的に正規、非正規合わせて100社くらい応募したのではないでしょうか。うち面接にいけたのは15社くらいで、そのうち受かったのは1社でした(トホホ…)。

ちなみにことごとく不採用になった理由で一番多かったのは、どこの企業もキャリアに見合った給料が払えないということでした(本当かどうかは分かりませんが…)。こっちは収入は下がっても大丈夫だし、いくらキャリアがあったとしても、その会社では新人なわけですから、最初から前職の年収と同じくらいほしいなんてひと言もいっていないんですが。

ここまでの内容から自分でも分析してみたのですが、どうも40歳以上の人が再就職に手こずる原因はいくつかあって、またそれらが複雑に入り混じって余計に苦戦するんだと思うのです。

主な要因は
・企業が経験や実績に見合った給料を払えない。
・職場が若手中心のため、そこに年配者が入ってくると周りが気をつかう。
・採用となった際、その上司にあたる人よりも年齢が上で、さらに経験も上なため扱いにくい。

といったところでしょうか。

40歳以上から再就職するには、意外と大企業を狙ったほうが良いかもしれません。中小だとどうしても上記の要因が余計に働くような気がします。筆者もいまさら大企業は無理だろうと中小ばかりあたっていたのですが、大抵前職の年収を聞かれて答えた瞬間に、重い空気になっていたような気がします。たしかに年収200、300万代の人が多い企業に、年収500万代の人が新人として来ても、企業はドン引きするだけです。逆にあれだけ苦戦していたのに、唯一さくっと採用されたのは大企業でしたから。

転職活動時はかなりの崖っぷちの状態でしたが、これははっきりいって筆者のリサーチ不足ゆえに、あたる企業を間違っていたのが原因です。転職は雇用される側だけの事情ではうまくいきません。経験豊富な40歳以上の実力者を雇うには、企業側もそれなりに体力がいるのです。こういった事情をしっかりとリサーチして、初めから資金力があって、従業員の年齢も幅が広い大企業に的を絞って動いていれば、もしかしたらこんなに追い込まれることもなかったのかもしれませんね。

これから転職や再就職をされる40歳以上の方は、自身が培ってきたスキルや経験が、逆に転職成功への障害となるケースもあるので、しっかりと応募する企業の財力から従業員の構成などを調べて、無駄に面接の数をこなして、自信も費用も時間も失うことがないように、リサーチはじゅうぶんすぎるくらいにおこなってくださいね。

40歳以上の方におすすめの転職サイト

目次へ戻る